プロテオミクスを用いた小分子作用解析

室井 誠
専任研究員
室井 誠

proteomics 癌などの様々な疾病の治療薬のリード化合物の多くが、細胞の増殖や分化などの表現形を阻害する小分子として探索されています。このようにして探索された新規小分子の標的分子を特定することは、多くの場合難しいのが現状です。
小分子の標的分子を特定する方法として、小分子と標的分子の物理的相互作用を解析する方法と、生物学的手法である細胞の表現型を解析することによって標的分子を推測・証明する方法の2つがあります。小分子を処理すると、それに応答して細胞内のタンパク質の合成、分解、修飾状態が変化します。
我々は、小分子が引き起こす表現型として、プロテオームの変化に着目し、標的分子に関する知見を得る研究を進めています。2次元電気泳動をベーストした2D-DIGEをもちいて、作用の明らかな小分子を処理したHeLa細胞のプロテオームプロファイル作製しており、当研究室で新たに単離された小分子の解析結果の比較解析を行っています。