天然物生合成研究ユニット

高橋 俊二
ユニットリーダー
高橋 俊二
(たかはし しゅんじ)

放線菌や糸状菌などの微生物は有用二次代謝物の宝庫です。微生物代謝物を効率的に生産するためには生合成機構の理解が重要であり、遺伝学的・生化学的に生合成の鍵反応を解明します。さらに生合成経路改変により、微生物が本来有している化合物多様化機能の拡張を図ります。転写制御因子の利用に加え、小分子化合物を用いた生合成遺伝子クラスターの活性化手法を開発し天然物を創出します。有用天然物の効率的生産を可能とする微生物生合成プラットフォームを構築し、遺伝子資源を活用した有用化合物生産を目指します。

研究テーマ

  • 微生物二次代謝物の生合成機構の解明
  • 遺伝子活性化による天然化合物の生産
  • 生合成プラットフォーム構築と有用化合物創製

プレスリリース

2017-01-17
新しいカルボキシル化酵素の発見
-天然有機化合物の構造多様性を創出する新規生合成経路の解明-

Ray L, Valentic TR, Miyazawa T, Withall DM, Song L, Milligan JC, Osada H, Takahashi S, Tsai SC, Challis GL.: A crotonyl-CoA reductase-carboxylase independent pathway for assembly of unusual alkylmalonyl-CoA polyketide synthase extender units.
Nat Commun, 7: 13609 (2016) PMID: 28000660 [ doi: 10.1038/ncomms13609 ]
2016-09-26
新規セスキテルペン生合成遺伝子の発見
-麹菌二次代謝産物のアステロライド生合成の解明-

Shinohara Y, Takahashi S, Osada H, Koyama Y.: Identification of a novel sesquiterpene biosynthetic machinery involved in astellolide biosynthesis.
Sci Rep, 6: 32865 (2016) PMID: 27628599 [ doi: 10.1038/srep32865 ]
2015-11-12
ポリケチド化合物の骨格形成に重要な酵素の機能解明
-生理活性を持つ天然化合物の構造多様化に繋がる第一歩-

Miyazawa T, Takahashi S, Kawata A, Panthee S, Hayashi T, Shimizu T, Nogawa T, Osada H.: Identification of Middle Chain Fatty Acyl-CoA Ligase Responsible for the Biosynthesis of 2-Alkylmalonyl-CoAs for Polyketide Extender Unit.
J Biol Chem, 290(45): 26994-27011 (2015) PMID: 26378232 [ doi: 10.1074/jbc.M115.677195 ]
2015-04-28
微生物が特定の形の代謝物を作るために必要な酵素遺伝子を発見
-複雑な立体構造の二次代謝物を作るメカニズムの全容解明への第一歩-

Kato N, Nogawa T, Hirota H, Jang JH, Takahashi S, Ahn JS, Osada H.: A new enzyme involved in the control of the stereochemistry in the decalin formation during equisetin biosynthesis.
Biochem Biophys Res Commun, 460(2): 210-215 (2015) PMID: 25770422 [ doi: 10.1016/j.bbrc.2015.03.011 ]
2011-06-06
放線菌による「リベロマイシンA」生合成機序を遺伝子レベルで初めて解明
-トマトエキスが誘導する放線菌遺伝子を探索し判明-

Takahashi S, Toyoda A, Sekiyama Y, Takagi H, Nogawa T, Uramoto M, Suzuki R, Koshino H, Kumano T, Panthee S, Dairi T, Ishikawa J, Ikeda H, Sakaki Y, Osada H.: Reveromycin A biosynthesis uses RevG and RevJ for stereospecific spiroacetal formation.
Nat Chem Biol, 7(7): 461-468 (2011) PMID: 21642985 [ doi: 10.1038/nchembio.583 ]

Additional information