ケミカルバイオロジー研究グループ

長田裕之 グループディレクター
長田 裕之
(おさだ ひろゆき)
D.Agr.
環境資源科学研究センター・副センター長
ケミカルバイオロジー研究グループ・グループディレクター
昭和29年8月生

研究の興味

なぜ、微生物が、化学的にも生物学的にも多種多様な化合物を作るのか不思議に思います。その謎を解くために、微生物の生合成遺伝子を研究しています。また、生命機能解析の探索針(バイオプローブ)を用いたケミカルバイオロジー研究と、癌の分子標的治療を目指した研究で社会貢献したいと思います。

学歴
昭和53年3月 東京大学 農学部 農芸化学科 卒業
昭和58年3月 東京大学大学院 農学系研究科 博士課程 修了(農学博士)
職歴
昭和58年4月 理化学研究所入所 抗生物質研究室
平成4年4月-平成27年3月 理化学研究所 主任研究員(抗生物質研究室)
平成20年4月-平成25年3月 理化学研究所 基幹研究所 ケミカルバイオロジー研究領域長
平成25年4月 -理化学研究所 環境資源科学研究センター 副センター長
受賞
平成8年11月 日本抗生物質学術協議会・住木梅澤記念賞
平成12年7月 日本放線菌学会賞
平成13年4月 文部科学大臣賞
平成19年11月 日本バイオインダストリー協会賞
平成21年3月 日本農芸化学賞
平成22年3月 理研重要業績表彰(S)
平成27年4月 Inhoffen Medal
平成28年3月 第一回 日本農芸化学会 特別賞

趣味

飲酒談笑, サイクリング

兼務

  • 理研-マックスプランク連携研究部門 部門長
  • 埼玉大学 連携教授(理工学研究科)
  • 静岡大学大学院 客員教授(グリーン科学技術研究所)
  • 韓国生命工学研究所(KRIBB)招聘研究員

学会等

  • 日本ケミカルバイオロジー学会 会長
  • 日本がん分子標的治療学会 理事
  • 日本感染症医薬品協会 理事
  • 日本農芸化学会 フェロー
  • 日本癌学会 評議員
  • 日本放線菌学会 評議員
  • 日本微生物学連盟 常務理事

編集委員

  • Assay and Drug Development Technology
  • Cancer Science
  • Journal of Antibiotics
  • Journal of General and Applied Microbiology
  • Journal of Microbiology and Biotechnology
  • Oncology Research

編集アドバイザー

  • ACS Chemical Biology

主要論文

  1. Piotrowski, J. S. et al. Functional annotation of chemical libraries across diverse biological processes. Nature Chem Biol, 13, 982-993, (2017).
  2. Hasebe, F. et al. Amino-group carrier-protein-mediated secondary metabolite biosynthesis in Streptomyces. Nature Chem Biol 12, 967-972, (2016).
  3. Ray, L. et al. A crotonyl-CoA reductase-carboxylase independent pathway for assembly of unusual alkylmalonyl-CoA polyketide synthase extender units. Nature Commun 7, 13609, (2016).
  4. Yun, C. S., Motoyama, T. & Osada, H. Biosynthesis of the mycotoxin tenuazonic acid by a fungal NRPS-PKS hybrid enzyme. Nature Commun 6, 8758, (2015).
  5. Soeda, Y. et al. Toxic tau oligomer formation blocked by capping of cysteine residues with 1,2-dihydroxybenzene groups. Nature Commun 6, 10216, (2015).
  6. Takahashi, S. et al. Structure-function analyses of cytochrome P450revI involved in reveromycin A biosynthesis and evaluation of the biological activity of its substrate, reveromycin T. J Biol Chem 289, 32446-32458, (2014).
  7. Takahashi, S. et al. Reveromycin A biosynthesis uses RevG and RevJ for stereospecific spiroacetal formation. Nature Chem Biol 7, 461-468, (2011).
  8. Sun, Y. et al. In vitro reconstruction of tetronate RK-682 biosynthesis. Nature Chem Biol 6, 99-101, (2010).
  9. Miyazaki, I. et al. A small-molecule inhibitor shows that pirin regulates migration of melanoma cells. Nature Chem Biol 6, 667-673, (2010).
  10. Yano, A. et al. Inhibition of Hsp90 activates osteoclast c-Src signaling and promotes growth of prostate carcinoma cells in bone. Proc. Natl. Acad. Sci., USA. 105, 15541-15546, (2008).
  11. Kawatani, M et al. The identification of an osteoclastogenesis inhibitor through the inhibition of glyoxalase I. Proc. Natl. Acad. Sci., USA. 105, 11691-11696, (2008).
  12. Woo, J.-T. et al. Reveromycin A, an agent for osteoporosis, inhibits bone resorption by inducing apoptosis specifically in osteoclasts. Proc. Natl. Acad. Sci., USA. 103, 4729-4734, (2006).
  13. Watanabe, N. et al. Cyclin-dependent kinase (CDK) phosphorylation destabilizes somatic Wee1 via multiple pathways. Proc. Natl. Acad. Sci., USA. 102, 11663-11668 (2005).
  14. Watanabe, N. et al. M-phase kinases induce phospho-dependent ubiquitination of somatic Wee1 by SCFB-TrCP. Proc. Natl. Acad. Sci., USA. 101, 4419-4424, (2004).
  15. Simizu, S. & Osada, H. Mutations in the Plk gene lead to instability of Plk protein in human tumor cell lines. Nature Cell Biol 2, 852-854, (2000).